潮風を堪能できる生活

夫妻

通気性と耐久性

太平洋に面している茅ヶ崎では、黒潮の流れに乗って、潮風がよく吹いてきます。潮風は、気温の影響を受けにくい海の水を含んでいるため、これが吹いてくることで茅ヶ崎では、夏には涼しく冬には温かく過ごすことが可能となっています。そのことから茅ヶ崎では、快適な暮らしを希望する多くの人が、一戸建てを建てています。一戸建ては、マンションと比較すると総重量が少なく、その分広い開口部を多く設置することができます。これにより通気性が良くなるため、潮風を堪能しやすいことから、茅ヶ崎では一戸建てに人気があるのです。また、開口部が広いということは、それだけ景色を見渡せるということです。日中のきらめく青い波はもちろん、夜明けや夕方の赤く染まった波も眺めることができるので、その点でも一戸建ては話題となっています。ただし建物全体が潮風を浴びることになるので、塩分による腐食を防ぐための対策が必要とされています。特に屋根や外壁には塩分が付着しやすく、それを放置しておくと、住宅の耐久性が下がっていくことになるのです。そのため茅ヶ崎の一戸建てでは、こまめな屋根塗装と外壁塗装とが行われています。塩分をブロックする塗膜を張っておけば、屋根も外壁も長持ちしやすくなるのです。また茅ヶ崎では、そもそも塩分の影響を受けにくい瓦やレンガや大理石などを使った一戸建ても、さかんに建築されています。これらは塩分に強い上に頑丈なので、使用することで、より耐久性の高い一戸建てが完成するのです。